週末日記 1/14.2021

水曜日、朝実家を巡回。

親父が「印刷機を回している夢を見た」などと自分が言うようなことを口にしました。

自分「あー、印刷機よく回したよね~」

30年も昔の話。

「あれ、何処だったかなぁ」とか「どうしたかなぁ」などと言うので、「全部処分しちゃったよ。ずいぶん昔に。」

朝からあまりにも昔の話が出てしまったので、調子が狂ってしまいました。

 

金曜日、AM3:23起床。

f:id:urftabibitosan:20210115232933j:image

実家を巡回するつもりでしたが少し早かったので入浴。

しかし、そのあと眠くなってしまい二度寝、結局巡回には行けませんでした。

 

親父がデイホームに行く日に朝の「送り出し」スタッフの方に入って頂くことになり、自分もだいぶ楽になりました。(送り出しスタッフさんは昨日から)

自分のほうは無事に1日を終えて帰りにブック○フ立ち寄り。

 

購入物は以下の通りです。

「日本の黒い霧 下」(松本清張・文春文庫)f:id:urftabibitosan:20210115233506j:image

上巻を読んで、巻末の「革命を売る男 ・伊藤律」の終わりの所に(下巻に続く)とあり下巻がとても気になっていました。

 

清張氏は、伊藤律のことがどうも嫌いな様子で、作中では散々に書いている気がするのですが、最後に「…要するに、律は、己れの頭脳に自負し、出世欲や嫉妬心が強く、従って権力に媚びる小心なインテリであって、その末路はその型の人間の見本である。伊藤律が生きて日本に還る期待は今後も非常に少いであろう。」と締めくくっています。

しかし、その予想に反して伊藤律は日本へ還って来てしまう…。

 

松本清張『日本の黒い霧』 関係者遺族抗議で読めなくなる?

(Newsポストセブン)

https://www.news-postseven.com/archives/20130414_181595.html?DETAIL

「日本の黒い霧 下」

・征服者とダイアモンド

帝銀事件の謎

・鹿地亘事件

・推理・松川事件

・追放とレッドパージ

・謀略朝鮮戦争

・なぜ「日本の黒い霧」を書いたか

解説 半藤一利

 

石原莞爾 国家改造計画」

(早瀬利之・光人社NF文庫)f:id:urftabibitosan:20210115233544j:image

はじめに

プロローグ 敗北と再挑戦と

第一部 理想(満州国づくり)

第二部 決断(満州出発前夜)

第三部 煩悶(満州国家再建築)

第四部 艱難(対ソ戦備戦略)

第五部 希望(満州グランドデザイン)

第六部 改革(さらば満州)

あとがき

 

大東亜戦争の謎を解く」

(別宮暖朗・兵藤二十八/光人社NF文庫)f:id:urftabibitosan:20210115233603j:image

 

「殺人者はいかに誕生したか」

(長谷川博一新潮文庫)f:id:urftabibitosan:20210115233625j:image

はじめに

第一章 なりたくてこんな人間になったんやない

(大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件 宅間守)

第二章 私は優しい人間だと、伝えてください

(東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件 宮崎勤)

第三章 ボクを徹底的に調べてください

(大阪自殺サイト連続殺人事件 前上博)

第四章 私のような者のために、ありがとうございます

(光市母子殺害事件 元少年)

第五章 自分が自分でないような感覚だった

(同居女性殺人死体遺棄事件 匿名)

第六章 一番分からなくてはいけない人間が何も分からないのです

(秋田連続児童殺害事件 畠山鈴香)

第七章 常識に洗脳された人間に、俺のことが理解できるかな!!

(土浦無差別殺傷事件 金川真大)

第八章 私は小さな頃から「いい子」を演じてきました

(秋葉原無差別殺傷事件 加藤智大)

第九章 命日の十一月十七日までに刑を執行してほしい

(奈良小一女児殺害事件 小林薫)

第十章 これって私の裁判なんですね。はじめて裁判官の顔が見えました

(母親による男児せっかん死事件 匿名)

解説 江川紹子

 

その他に、「報復兵器V2」(光人社NF文庫)が気になったのですが、今回は購入せず。

V2ロケット

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/V2%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

 

以前チェックしていたマグネトロンに関する本は見当たりませんでした。

殺人光線

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E5%85%89%E7%B7%9A

 

「報復兵器V2」の開発技術者たちは、戦後はアメリカで開発に携わったのだとか。日本の登戸研からも渡米した技術者がいたようですが、技術力の差は歴然としています。

 

店内で、また「八つ墓村」を開いたのですが、その頁で「半きちがい」という文字を発見してしまう…。

 

斎藤ちはるさん画像

(羽鳥慎一モーニングショー)f:id:urftabibitosan:20210116000531j:image

f:id:urftabibitosan:20210116000613j:image
f:id:urftabibitosan:20210116000454j:image

 

 

祝日の朝夢日記 1/11.2021

腰のほうですが、まだあまり良くなっていません…。

今日は祝日。そのためいつもより遅く朝8:30起床。

夢を見ました。 

いつもすぐ忘れてしまうので、まとめておきます。

 

何処かのロープウェイに乗ろうとして乗車口で慌てて200円を財布から取り出し駅員さんに手渡すのですが、なぜかお釣りのようなものを渡されるのでした。見るとそれは何枚かのコインでした。

どうやら最終便のようでかけ込んで乗ると、自分は途中の旅館まで、山頂までではないと言われます。

そのとき「どうせなら山頂まで行きたい」と思うのでした。

山頂へ着いたのかは判りませんが、降りると霧が大変深く、そんななか見えてきたのは苦しそうな人ばかりでした。

 

(ここに伏線があり、寝る前に新聞などを読んでいたのですが今回の武漢ウイルスに「ツベルクリンは果たして有効なのか」など考えていたこと、自分はツベルクリンは打ったはずだけどなぁ、などと考えていました。)

 

ロープウェイ…。

(ここにまた伏線があり、桜木町から新しいロープウェイが開通するなどの記事を読んだので、たぶん乗りたいと思ったのでしょう。)

桜木町のロープウェイ」

(はまれぽ.com)

https://hamarepo.com/story.php?story_id=7097

 

なぜか部屋のような場所に何人かでいるのですが、その面々に思い当たる人はいません。

誰かがやって来て「あれ、どうなの?」と聞くのですが自分には意味が判らず、さっぱり。すると横の人が「あれ、違うでしょ。藤子不二雄じゃないでしょ。」

「ふーん」

(意味不明な会話だ…)

(しかしここにまた伏線があり、寝る前にネットで自身のコレクションを公開しているHPを閲覧したことかも知れません。

「社長のコレクション」と題されたその頁には、これはほんの1%と言いながら、たくさんのコレクションが公開されていたのでした。

「怪獣ブースカのソフビ」同じタイプが所狭しと。そのほかもいろいろ。

そのなかに「ドラえもん」という頁が閲覧出来ず、「あぁ…版権絡みかな?」などと考えてしまいました。)

 

昨日は、夕方から小部屋、録画機のチェック。MXアニメの新番組いくつかと「羽鳥慎一モーニングショー」「Mr.ビーン」「二人の星」を予約。

昨晩見たもの↓

世にも奇妙な物語

f:id:urftabibitosan:20210111091003j:image

ウミガメのスープ

「海亀のスープ(世にも奇妙な物語)」あらすじ・ネタバレ

(サクッとあらすじさん)

https://saku-ara.com/archives/1712

「峠の茶屋」

(Yahoo!知恵袋)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1394961593

物語中、主人公を演じる伊藤かずえさんの駆るバイクはヤマハRZ250RR(白赤)、宿に泊まっていた女性(速水典子)のバイクはRZ350R(白青)でした。冒頭の走行シーンなどロケ地は、ちょっと判らないのですが「長野県」ということだと「ヴィーナスライン」という絶景のワインディングロードがあったと思います。

 

世にも奇妙な物語」は、回によってばらつきがありますが、脚本、配役が良いと安定回ですね。

 

さて、朝日と読売の「慰安婦」報道。

読売新聞↓

f:id:urftabibitosan:20210111093315j:image

捏造の「吉田証言」がしっかり年表に入っています。

しかし、朝日新聞

f:id:urftabibitosan:20210111093445j:image

当時あれほど大きく報道していたにも関わらず「吉田証言」の文字はどこにもなく、「我関せず」状態…。

売国マスコミの闇深し…。

 

斎藤ちはるさん画像

(羽鳥慎一モーニングショー)

f:id:urftabibitosan:20210111093746j:image

f:id:urftabibitosan:20210111093803j:image

武漢ウイルスは、中国共産党が「2020 東京五輪」の開催を阻止するために意図的に放った細菌兵器、目的は達成したものの、彼らの想定を上回る災禍を引き起こしてしまう…。

貿易・人権・香港…

当時、習近平政権はトランプ大統領から叩かれており、世界の目を反らす必要性に迫られていた…。

f:id:urftabibitosan:20210111093819j:image

f:id:urftabibitosan:20210111094733j:image

「ひるおび」上村彩子アナf:id:urftabibitosan:20210111094849j:image

休日の今日、部屋の片付け、小部屋それから実家泊の予定です。

昨晩こちらを読んでしみじみ↓

 

好きなものに囲まれて亡くなった40代オタク男性 幸せな「孤独死

(livedoor news)

https://news.livedoor.com/article/detail/19513038/

 

月曜日、ヘルパーさん(昼)、ナースケア14時。

 

1/10 深夜日記

昨晩もぐっすり眠りました。

そして今日、夕方から少しだけ実家を巡回。

スーパーで買い物をしてから向かったのですが、ちょうどデイから帰って来たところでした。

デイのスタッフの方に「ご苦労様です。」

焼き鳥を広げて夕飯。親父は一杯始まるかと思ったらなかなか始まらず、どうにも体調が悪いと言います。

暖房を入れて寝かせて帰宅。

 

「夜遅く帰る」とは言ったものの自宅に帰った自分もすっかり寝入ってしまったため帰れず。

木曜日の昼にケアマネさんから電話がありました。

デイホームで口腔ケアで歯ブラシをしてくれるのですが、その際歯ブラシが当たったか何かで機嫌が悪くなり、入れ歯を放り投げたのだとか…。

自分「ご迷惑おかけします…。」

ケアマネさん曰く、入れ歯は食事上必要なので治さなければならないようです。

ケアマネさん「治さないと食事が細くなり弱ってしまいます。」

仕方なく訪問の歯科の先生にお願いすることに。やれやれまったくもう。

 

自分のなかでは、最低1周忌までは母とこれまで過ごした住まいで、仏前で朝は「おはよう」、夜は「おやすみ」。

一緒にテレビを見て、会話をして、時には思い出話などして語りかけたり、母はもうお墓ですが魂はすぐそばに在るように振る舞って欲しかったのですが、自分の事しか考えない親父にはもう愛想が尽きたという感じです。

 

「真っ赤な夕焼け雲 2021.1/9」
f:id:urftabibitosan:20210110005944j:image

(デイホームで当たったという手袋)


f:id:urftabibitosan:20210110012825j:image

薬局で薬代精算、自宅へ帰還18:30。

それから寝入ったのですが、夢を見ました。

昔の編集部の頃の夢のようですが、みんながいて「ここに就職出来て良かったね」と胸を撫で下ろして、終業時間がきてタイムカードを押してさぁ帰りましょうかという風景…。

(K野女史とE藤さんが出てくる)

 

昨年の暮れにブック○フに寄ったときも「あぁ自分が作った本があるなぁ…。」とか「スタ100はU井さん、オートマはOやま田さん、行書六法はI田さん担当だったなぁ…」と感慨に浸ってしまう…。(皆さん元気だろうか)

 

(正月の卓上風景)

f:id:urftabibitosan:20210110013144j:image

照明を切り換え。クリスマス飾りは思い出品としてとってあります。

f:id:urftabibitosan:20210110013215j:image

 

(緊急事態宣言の晩 東京駅)f:id:urftabibitosan:20210110013505j:image

f:id:urftabibitosan:20210110013527j:image

f:id:urftabibitosan:20210110013543j:image

f:id:urftabibitosan:20210110013602j:image

(五輪開催は無理だ…。)

何はともあれこのウイルス禍と寒波がはやく終わって欲しいと願う今日この頃です。

 

 

【納期帳】ダイアリーあれこれ【仕事始め】

日曜日の晩に親父から電話があり「死ぬかもしれない…」というので聞くと、具合が悪いので帰って来てくれという事でした。

帰ると、「尿意はあるのに尿が出ない」。

どうやらオチンが痛いらしい…。

救急車を呼ぶかと聞くと呼んで欲しいと言います。

しかし、この医療が逼迫しているなかで病院で診てもらえるものか…。

ちょうど冷蔵庫に「119番をする前に」といつも診てもらっているクリニックの貼り紙があったのでこちらに電話しました。

当直の先生「30分ほどで伺います。」

深夜1:15。

申し訳ない限り。いろんな人に助けられていることを実感するのでした。

カテーテルの交換。

その後、何だかんだで2時間くらいしか睡眠が取れないまま出勤しました。

(やれやれ、まったくもうこの苦労いつまで…。)

帰りに納期帳を購入しました。f:id:urftabibitosan:20210105201108j:image

昨年使った高橋No.89「1頁2日」が使い易くて気に入っていたのですが、また同じというのもちょっと…ということでNo.55です。

どこが違うかというと、やや簡素版。巻末の世界地図、日本地図などが無いくらいです。

(ダイアリーフェアをやっていましたが、売場にはNo.89がたくさん置かれていました。売れているのか、それとも残っているのか…。)

No.89と55↓
f:id:urftabibitosan:20210105202001j:image

紙面はこんな感じです。

f:id:urftabibitosan:20210105202135j:image

さっそく隅をカット。

f:id:urftabibitosan:20210105202312j:image

ダイアリーには、仕事のメモのほか、起床時刻、出社時刻、買い物の金額、時間、実家に滞在した時刻(ピンクのマーカー)なども。

タクシーのレシートを貼ったり、入院のところは紫のマーカー、出社時刻は黄色のマーカーなど諸々…。習慣です。(←割と几帳面です)

早速書きました。

「1:30 ○クリニック、△医師 カテ処置」

 

帰りついでに散歩をしました。

f:id:urftabibitosan:20210105202925j:image
f:id:urftabibitosan:20210105205824j:image
f:id:urftabibitosan:20210105203147j:image

f:id:urftabibitosan:20210105203212j:image

f:id:urftabibitosan:20210105203240j:image

f:id:urftabibitosan:20210105203304j:image

f:id:urftabibitosan:20210105203353j:image

f:id:urftabibitosan:20210105203429j:image

疲れていたので自宅で寝てしまう…。

(1月5日)

何と3:29起床。
f:id:urftabibitosan:20210105203620j:image

実家巡回、ヘルパーさんの連絡帳を見て朝食の支度。昨日のヘルパーさんは○ハシさん。

親父はこの○ハシさんが苦手なようで布団をかぶって寝たまま起きて来なかった様子。

(ワガママだ!)

「あと1時間半くらいでデイ迎えに来るよ。」と言い残して出勤。

(たぶんまた寝てしまう…。)

 

録画のほうは正月番組も録画せず、特にありません。Mr.ビーンを録ったくらいです。

年末年始と面白い番組はありませんでした。

 

斎藤ちはるさん画像です。

(1/5「羽鳥慎一モーニングショー」)f:id:urftabibitosan:20210105214558j:image

f:id:urftabibitosan:20210105214627j:image

f:id:urftabibitosan:20210105214715j:image

林修の今でしょ講座」f:id:urftabibitosan:20210105214904j:image

f:id:urftabibitosan:20210105214939j:image

f:id:urftabibitosan:20210105215009j:image

 

腰痛、立てず。1月2、3日

 

夜遅くなってから実家へ帰るつもりでしたが、急に腰が痛くなってしまったため自宅に泊まることにしました。

 

「日本の黒い霧」(松本清張著)を読んでいます。

もく星号遭難事件は、飛行機の墜落事故ですが、八幡製鐵社長・三鬼隆氏や漫談家の大辻司郞氏など当時の著名な方が亡くなったようです。

三鬼隆氏は、出川哲朗さんの大叔父、また大辻司郞氏は、先日までチバテレで放映の「喜びも悲しみも幾歳月」(木下恵介アワー)で主演の大辻何郞さんのお父さんということのようです。

 

もく星号墜落事故

(Wikipedia)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%81%8F%E6%98%9F%E5%8F%B7%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85

「占領中のアメリカ軍のこのやり方は、小さいながら一つの謀略である。事故が起きた、真相を蔽うために工作をする。この方法は、事件を起こす、その真実を隠蔽するために工作をする、という他の手法にも通じないだろうか。」(「もく星号」遭難事件/本文より)

 

夕方、散歩に出かけました。
f:id:urftabibitosan:20210103211230j:image
白い点みたいに見えるのは白鳥です。
f:id:urftabibitosan:20210103211305j:image

小部屋立ち寄り、新聞を読んだりテレビを見たり。

気になった記事からです。

 

○中国 監視網を拡大

(1/3 毎日「コロナで変わる世界」)

SF小説の巨匠、アイザック・アシモフの著作の中に「ターミナス」という辺境の惑星が登場する。そこでは、あらゆる知識を集めた「銀河百科辞典」の編集が進められた。

18年4月、中国の若者たちは「ターミナス計画」と称し、国内で削除された記事やネット交流サービス(SNS)の文章をインターネット上に保存し、共有する活動を始めた。……

20年4月19日、その活動に関わる北京の青年2人が突然、公安当局に拘束された。拘束から250日以上過ぎても、家族は面会さえ出来ない。2人は9月、「公共秩序騒乱罪」で起訴されたが、具体的な内容は明かされないままだ。……

f:id:urftabibitosan:20210103194336j:image

習近平指導部の焦りが現れています。しかし、中共は今後さらに強権的に振る舞うであろうことは明白です。他紙で、中国には粘り強く「国際ルール」の場に引っ張り出すことが重要だ、などという旨の論説がありましたが、「無法国家」に何を説いても通用するわけが無いのであって、彼らと「協調・共存」など出来るはずはなく、するべきことは「鉄のカーテン」を下ろし中国を封じ込め、共産党を絶滅に追いやるのみです。

そのためには日本の核武装が必要なのです。

 

えーと、自分の話になりますが、昨年、上席から「旅人さん、今回は動員かけましょう。旅人さんからも電話して下さい。」

と言われ、電話したのは不動産屋(中国人)。

何でもゴネていてラチがあかないのだという…。自分が電話して最初から喧嘩腰、すると向こうが少しひるむのです。「本当に日本人か?」と。彼らの思い描く日本人像は、とにかく強くまくし立てれば言う事をきく…。

結局、電話は自分の1本だけで済んでしまったという…。

改憲へ しっかり挑戦したい

(1/3 産経「菅義偉首相インタビュー」)


f:id:urftabibitosan:20210103203225j:image

△「春になれば雪は解ける 我慢すれば必ず変わる」は雪国出身の菅総理らしい言葉です。

菅政権の功績は、今のところバイデン次期米大統領から「尖閣諸島日米安全保障条約第5条の適用範囲」という発言を引き出したことだと思います。日本は米中の間を取り持つのではなく、しっかりと米国側に立ち中国を牽制すること、そのためには政権内の媚中派を排除することが重要です。

(追記)

1/17の試験の勉強をしていますが、調子が悪いです…。

f:id:urftabibitosan:20210103212451j:image

新春の「羽鳥慎一モーニングショー」を録画し忘れました。

f:id:urftabibitosan:20210103224641j:image

 

 

カモの群れが通過 (1月1日散歩)

明けましておめでとうございます。

2021年、今年もよろしくお願いします。

 

さて、今年ですが「これをやろう」という決まった目標はありません。頑張るつもりももうありません(苦笑)。

ただ1年を平穏無事に、その有り難さが身に沁みて感じられたのが昨年でした。

今年もその心境で、一日一日を生きてまいりたいと思います。

 

さて、元日の朝は若干遅く起床。

親父に朝食を差し出すと「今日は何日だっけ?」と聞くので「今日は元日!」と答えたところ「一杯やるかな」。

朝10:30。

実業団駅伝など見てそのあと昼寝、夕方16:00頃になってやっと実家を脱出。

散歩をしながら自宅へ戻りました。

画像では曇っているように見えますが晴天でした。

f:id:urftabibitosan:20210101201033j:image

f:id:urftabibitosan:20210101201052j:image

f:id:urftabibitosan:20210101201109j:image

鬱蒼と茂った竹林。
f:id:urftabibitosan:20210101201133j:image

f:id:urftabibitosan:20210101201305j:image

f:id:urftabibitosan:20210101201320j:image

f:id:urftabibitosan:20210101201341j:image

カモの集団が通過。白鳥も見かけました。
f:id:urftabibitosan:20210101201402j:image

f:id:urftabibitosan:20210101201535j:image

バッカス(アルコール分3.2%)を投与。新聞を読んだりしてのんびり過ごしました。
f:id:urftabibitosan:20210101201610j:image

気になった記事からです。

(○は見出し、△は自分のコメントです。)

○中国「闇」ワクチン流入

(1/1 毎日)

…ワクチンは中国共産党幹部に近いコンサルタントの中国人が持ち込んでいる。個人が自分で使う以外の目的で海外からワクチンを持ち込むのは違法の可能性があるが、中国側がワクチンをテコに影響力拡大を狙っている姿が浮かんだ。…

△「治験データ」すら未公表のシノファーム製。毎日新聞は、記事にする以前にこれを知ったら通報すべきではないかと。日本人が治験に利用されているということもわからずに飛びつく浅はかさ、どうしようもありません。「武漢ウイルス」を撒き散らしたのは中国です。その中国がワクチンで攻勢をかけてきていることに気付くべきです。

 

○運動で介護いらず体現

89歳なんてただの数字

(1/1 東京「こちら特報部」)

毎日、笑顔で生き生きと過ごせますように。多くの人が願う健康的な生活を、15日で90歳になるスポーツインストラクター瀧島未香さんが体現している。……

△自作の「タキミカ体操」で筋肉トレーニングを幅広い年代に指導、「米国にも行って教える」を夢に英語も勉強中だそうです。

何歳になっても夢を持ち続けることは大事です。

 

○民主主義が消えてゆく

中国型の権威主義、南太平洋で猛威

(1/1 産経)

……習近平政権は巨大経済圏構想「一帯一路」を通じ、南太平洋で台湾と外交関係を維持する島嶼国に猛烈な断交アプローチを仕掛けている。……中国は2000年代から「グレート・ファイアウォール(ネット版万里の長城)」と俗称される検閲システムを稼働させ、FB、GoogleTwitterなどの利用を遮断している。……

△前日(31日)の見出しは「中国の世紀にはならない」とあり、最終的には民主主義が勝利する、とあったのに…。自分は、南太平洋やアフリカで国家の統治が行き届かない国々に、中国が代わりに国家そのものをコンサルティングする事業を始めるのではないかと思ったりします。あの国ならやりかねない…。

 

中国共産党をもう助けるな

(1/1 産経・乾正人/論説委員長)f:id:urftabibitosan:20210101211900j:image

宇野宗佑は「総理の器ではなかった」、では菅総理は…。

かつて天安門事件が起きたとき中国をかばったのが日本。そして毛沢東が来日したとき、「日本が中国(蒋介石)と戦ってくれたおかげで我々(中国共産党)は政権を獲ることが出来た」。

日本は核を持つしか生き残る道はありません。このことが何れ遠からぬ未来、現実化するのです。

 

 

大晦日 墓参と散歩 12/31. 2020

晦日、思い立つまま墓参へ行って来ました。

f:id:urftabibitosan:20210101110435j:image

電車に乗ってしまえば意外と近いことを実感。これからは少しまめに訪れようと思いました。

散策も兼ねております。

こちらは↓
f:id:urftabibitosan:20210101110635j:image

f:id:urftabibitosan:20210101110722j:image

やはり長州の方々のお墓が多いのでしょうか。

紀尾井坂の変(大久保利通が暗殺)のとき判事を務めた方のようです。

玉乃世履(たまのよふみ)

(Wikipedia)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E4%B9%83%E4%B8%96%E5%B1%A5

墓碑はこちら↓
f:id:urftabibitosan:20210101111354j:image

紀尾井坂の変

(Wikipedia)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E5%B0%BE%E4%BA%95%E5%9D%82%E3%81%AE%E5%A4%89

こちらはその加賀藩出身の方ではないかと。

ちょっと詳しくはわかりませんでした。


f:id:urftabibitosan:20210101111425j:image

ちなみに紀尾井坂の変以降、石川県(当時は大石川県)は、明治政府に反感を持つ不平士族が多いとされ、富山、福井県を切り離すことになったのだそうです。

酒井忠晄子爵の墓↓
f:id:urftabibitosan:20210101111918j:image

こちらに記載のある方でしょうか。↓

酒井忠晄(さかいただあきら)

(Wikipedia)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E5%BF%A0%E6%99%84f:id:urftabibitosan:20210101113509j:image

f:id:urftabibitosan:20210101113530j:image

f:id:urftabibitosan:20210101113547j:image

f:id:urftabibitosan:20210101113615j:image

日立製作所創業者、小平浪平墓所も。


f:id:urftabibitosan:20210101113636j:image

小平浪平(おだいらなみへい)

(Wikipedia)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E6%B5%AA%E5%B9%B3

f:id:urftabibitosan:20210101113657j:image

Tabibito家の墓。
f:id:urftabibitosan:20210101113716j:image

青空のもとで、静寂に包まれて一年を振り返る時間、大切だと感じました。

なお、お寺のほうでは元日からいろいろな行事があるようでした。

 

そのあと山手線を途中下車、高田馬場に寄ってみました。

以前は駅のホームからも、駅を出た途端に目に入った「○セミナー」の看板が無くなって久しいと思ったら、今度は看板を掲げていたビルそのものが無い…。
f:id:urftabibitosan:20210101115846j:image

かつてのA館
f:id:urftabibitosan:20210101120244j:image

その隣は何館と言ったかなぁ。

f:id:urftabibitosan:20210101120351j:image

その先にB館があり、自分はその隣E館にいました。1階は購買(書店)、2階公務員、3階法務、4階司法と出版、5階セミナーだったと思います。

ここで過ごしたのは3年半…。

f:id:urftabibitosan:20210101120543j:image

セミナーの皆さんはお元気ですか?

えーと、戸山の少し手前まで歩いてしまいました。

戸山ハイツは1972年の竣工、歴史を感じさせる建物です。

f:id:urftabibitosan:20210101120616j:image

以前、会社帰りにプールで泳ぐことがあり、そのときは帰りにこの辺を通りました。

戸山(新宿区)

(Wikipedia)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%88%B8%E5%B1%B1_(%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA)

そのあと新宿。

f:id:urftabibitosan:20210101124339j:image

f:id:urftabibitosan:20210101124357j:image

ヨドバシでヘッドホン購入。

ブック○フ立ち寄り。

八つ墓村」(横溝正史・角川文庫)のカバー裏の解説文で「……突然発狂、……」という箇所がありました。

未読の本が貯まっているのと、明日(元日)からセールのようなので、何も買わず帰宅の途へ。

スーパーが行列だったのでコンビニで年越し蕎麦、アイスなどを買って一人年越し、少し寝たあと実家に帰宅。

帰宅前にスーパーに寄ってみましたが、案の定棚は空っぽだったのでした。

 

いろいろあってとにかく苦労した2020年。

何はともあれお疲れ様でした。